季節の変わり目は乾燥しやすい?


皆さん、こんにちは。

ずいぶん秋らしい気配になり、朝夕と肌寒い程に涼しくなってきましたね。

日曜日に我が子の体育祭がありました。

とても晴天に恵まれ、子供たちは真っ赤な顔して「暑い~暑さで溶ける~」なんて言っていたのに、夕方頃にもなると急に「鼻水が出て少し寒い」と言い出しました。

寒暖の差ってやつですかね・・・

こんな季節の変わり目に、とっても気をつけたいのが「乾燥」

季節の変わり目に、お肌の調子が崩れるという人は多いと思います。

秋というのは実は肌がゆらぎやすい季節なんです。

これは過酷な夏の暑さのダメージが残っているところに、急激な気温と湿度の低下に肌がさらされることで、肌のコンディションが崩れてしまうことが原因です。急に寒くなったり、寒暖差があるほど肌にかかるストレスも増加してしまうんですね。

その一番の理由は・・・気温や湿度の変化です!気温や湿度の変化というのは自律神経を乱してしまうので、身体もそれに対応するまで風邪をひきやすくなったりしますよね。

常に外気にさらされている肌にとってはなおさらで、気温と湿度の変化というのは、肌にもかなりのストレスになってしまいます。

気温の変化に加えてほこりなどのアレルギー源や紫外線など、特に西日本は年間通して紫外線の量は多い地域ですし。

ですので肌にかかるストレスは他県に比べても、                       西日本、ましてや南九州は「な・お・さ・ら」です! 

体育祭や普段の紫外線ケアには、ご存じMIREY「プロテクトデイミルク」最も有能な選手である事はもうご存じですよね♪

生活の中のほこりや、体育際の砂ぼこり、花粉はもちろん、たばこの煙までしっかりガードしてくれます。

そしてそして乾燥には、エクセレントオイルの後にた~っぷりのローションで保湿

これからの季節、乾燥しやすい方には、ハイドラサリノールとビオセラミドの組み合わせでカスタマイズしてのご使用がかなりオススメ!!

 

夏の暑さで疲れたお肌には細胞に元気を与えるチトカタライザーも素敵なコンビネーションです♪

もう乾燥始まってますよ~。。。