秋・冬だからこそ! 目指せ ぷるぷる肌♪


 

ひんやりした北風が吹き始めると、普段と同じケアをしているのに

 

何となく肌の調子が悪い・・・と感じている人が増えてくる季節・・・

 

皆さんは赤ちゃんの肌って、なんであんなにプルプルなんだろう・・・

 

と思った事あはありませんか?

 

赤ちゃんの肌がやわらかくてキメ細かいのは、

 

肌がしっかりっているから。

 

「潤いのある肌」というのは、ヒフ表面の「角質層」に

水分がしっかりと閉じ込められている状態のこと。

 

だれでも赤ちゃんの時はぷるぷるの肌なのですが、

成長するにつれて、肌の水分量が自然と減り、いろいろな肌トラブルに

つながっていきます。

 

 

角質層ではレンガのように皮膚が重なっているのですが、

潤いがなくなると、このレンガのすき間がスカスカになってしまい、

スカスカになった角質層の隙間から、大切な水分がどんどん逃げていきます。

 

夏に比べて、秋冬はただでさえ空気が乾燥しています。

 

寒くなって暖房を使うようになるとさらに水分が蒸発し、お肌はカラカラスカスカ。

 

かゆい乾燥肌になってボロボロになってしまいます。

 

 

そんな時には、まず

 

「MIREYのエクセレントオイル」

           

 

         詳しくはこちら⑦

 

このエクセレントオイルには、100%のアルガンオイルと酸素を結合しており、

酸欠肌に「酸素」を与え、肌細胞を作り出す力(ターンオーバー)を活性・正常化し

お肌のバリア機能=肌の土台を作ります。

 

そして、このエクセレントオイルを先にお肌に塗るのがポイント。

 


お肌に水分を溜めておく為に必要な物=「油」なのですが
(油と言っても、皮脂やその他の油とは違います)

 

この油がお肌に必要な形で含まれているのが「アルガンオイル」で、

 

このエクセレントオイルをお肌にしっかり塗り込み

 


お肌の内側で、水分を溜めこむ準備が出来たところに

 

「MIREYのエクセレントローション」を、たー

っぷりと入れていきます。

 

 


このローションがいいんです♪

 

 

                    詳しくはこちら⑨

 

 

肌に必要な水分と美容成分を惜しみなくたっぷり配合した、化粧水と美容液を1つにした美容化粧水なのですが

 

このローションを肌に入れ込めば入れ込むほど、

 

どんどんお肌は透明感が増し、

 

 

ツヤツヤ・プルプルに

 

 

 

美白していくのです!

 

 

私事ですが、ここぞ!という時にはローションを5~8回は入れています。

 

も~~~ぜんっ ぜん 

 

肌のもちもちツヤツヤうっとりするほど

 

美白感が違いますから!!

 

ローション入れずにはいられません  (笑)

 

もちろん、毎日のケアでも、た~~~っぷり入れてます。

 

最近、友人や身内からも「肌がすっごく白くなって、ぷるぷるだね!」って言われ
肌をツンツン触られます。  (笑)

 

という事は。。。

 

うるおい不足の肌は、

どんより元気がなく、肌がくすんで顔色が悪く見えるという事。

 

逆に、うるおいたっぷりの肌はキメが整って

 

透明感もぷるぷる感もダ~ンゼンUP!

 

エクセレントオイルで、バリア機能を整え

エッセンスローションをたーーーーーっぷり入れ込めば

ぷるぷる赤ちゃん肌になる!!

 

さあ、意外と簡単♪

 

ほんとに簡単♪

 

秋冬はいつも以上に

 

たっぷり化粧水を入れていきましょ~(#^.^#)

 

 

          お問い合せ②